タイの病院事情について

タイの病院は、首都バンコクと地方都市、そして農村部や個々の医療施設によって大きく違いがあります。

主な都市の公立基幹や代表的な私立だと、設備も整っていて医療も良いです。

バンコクでは、私立病院の医療レベルがかなり高く、日本の病院とそれほど変わりません。



日本の医学部を卒業した医師や、日本の病院で研修経験のある医師や看護師が勤務しています。
日本語通訳の人もいて、専用の窓口もあり日本人には利便性が高いです。私立だと、診察料や治療費などは独自に定めていて、日本と比べて安いとはいえません。


支払いのトラブルを避けるには、事前に料金を確認したり、海外旅行傷害保険などの保険が適用するかを調べた方がよいです。


私立だと、設備は日本の大学病院と同じぐらいか、またはそれより良いのが特徴です。

医師はタイや日本、アメリカの大学を卒業し、日本の大学だと日卒医グループと呼ばれています。



サービスは日本もよく、待たされることもありません。


日本語の通訳サービスもあって、英語などが出来なくても安心です。また、日本語通訳のいる歯科医も、バンコクには多くいて、一度に長い時間治療をしてくれるので通院も少なくてすみます。

ただ、医療費はかなり高いです。

入院費用は、1泊8000バーツかかることもあります。



世界中から治療のために患者が訪れるため、医療技術やレベルも高いですが、同じく費用も高額です。お金がないと見てくれないこともあります。

また、診察のときには、保険に加入しているかやクレジットカードを所持しているかを聞かれます。

タイの一般の人は、公立の方に通院していて、治療費も安いです。
ただ、長時間待たされますし、日本語の通訳もありません。



DYMの2013年度新入社員による制作サイトです。 >>DYM2013