日本人に人気があるタイと病院について

タイは、アジアの中でも、日本人に人気がある国です。


最近は、定年退職した後、海外にロングステイする人が増えています。そして、ロングステイ先にタイを選ぶ人も増えています。

なぜ、タイがロングステイ先として選ばれるかというと、大きな理由は、生活環境と物価の安さです。



タイは、国民のほとんどが敬虔な仏教徒です。


そのため、日本人にとっては、安全で住みやすい環境なのです。
日本の企業も数多く進出しており、日本食のレストランも多いです。


日本の新聞を読むことができるので、日本にいる時と同じように日本のニュースを知ることができます。



ロングステイとなると、心配になるのが健康の問題です。

病気になった時に、高いレベルの治療をしてもらえるのか心配する日本人も少なくないのです。しかし、実は、タイの医療水準の高さは、世界でもトップレベルと言われていますまた、日本人の医師も、日本語を話すことができる医師も多いです。

病院の設備も整っており、中にはホテルのようなサービスを受けることができる病院もあります。


日本人スタッフがいる病院や、日本語の通訳がいる病院も多く、日本語以外の言葉が苦手な人でも安心です。突然、病気にかかり、急に入院することになっても、必要なものはすべて病院で揃えることができます。


急病の場合は、タクシーを利用する人が多いです。



バンコクでは、タクシー代はメーター制で、日本のように夜間の割増料金もないので、安い価格で利用できます。



2015の新卒がサイトを作成しました! >>DYM2015 詳細はこちらです。