日本語や英語が通じるタイの病院がある

タイで病院に行く時に一番気になるのは言葉のことです。


言葉が通じなければ、病気の状態を説明できないので困ってしまいます。


幸いなことにタイには日本語や英語の通じる病院がいくつかあります。
バンコクの中には日本の大学を卒業したり、日本で研修を受けた医師が勤務しているところがあります。

また看護師の中にも日本で研修を受けた人がいるので、そういった所に行けば、安心して治療を受けられるでしょう。

日本語の通訳がいる所もあり、言葉の問題はそれほど心配しなくても良いです。



英語が通じるタイの病院の数はさらに多くて、英語が堪能な方だったら、日本語が通じない所でも安心です。
バンコクの代表的な私立病院の医療の水準高くて、ほぼ日本と同じ水準の治療を受けられます。



ただし、私立の所は料金が高いところが多いので、治療を受ける前に料金の確認をした方が良いでしょう。

または海外旅行の傷害保険の適応が受けられるか確かめてみましょう。
タイに出かける前は保険に加入していた方がいざという時に安心です。



バンコク以外の都市にも日本語の対応ができる所がいくつかあります。

パタヤやホアヒン、チェンマイ、チェンライといった都市の病院にも日本語が通じるか日本語の通訳を呼ぶことができる所があります。人口の少ない市や田舎では日本語は通じないと考えた方が良いでしょう。そんなところに行く時は、衛生状態に十分注意してできるだけ病気をしないようにするしかありません。
日本を出る時に抗生物質などを持参するようにしましょう。