タイの病院の技術は信頼できるか

異国で病院に行く時は、不安を感じるものです。


日本だったら、普通の病院に行けば、きちんとした治療をしてもらえると言う安心感がありますが、異国の場合はその安心感を持てないこともあります。
タイでは都市部だったら、高い水準の治療を受けることが可能です。



日本とほぼ同じレベルにあると言って良いでしょう。

タイの都市部の病院には、日本の大学を出た医師や日本で研修を受けた医師が多く在籍しています。
看護婦の中にも日本で研修を受けた人がいます。

このように日本とのつながりがあるので、安心して治療を任せることが可能です。特にタイの中心都市であるバンコクの医療の水準は高いです。


言葉のことも気になりますが、バンコクだったら、日本語で診察を受けられる病院があります。
日本語で診察を受けられなくても、依頼すれば通訳が来てくれるところも多くなっています。

都市部の医療技術はおおむね高いと言えるのですが、地方部では医療技術が低いところがあります。



地方に行っているときに重い病気になってしまったら、バンコクなどの都市部に搬送されることもあります。

治療を受けた時の費用は、病院によってかなり違います。



私立のところは治療費が高いことが多いので、治療を受ける前にあらかじめどれぐらいの費用が必要になるか、確認しておきましょう。病気にならなければ加入する必要はないのですが、タイに行く前に海外旅行の傷害保険に入っておけば、病気になって治療費が高くなっても安心です。